知っ得!ビタミンC






キレイのもと「ビタミンC」の効果効能を大特集!

シミ、シワ・たるみetc...老けたくないならビタミンCをチャージ!

ビタミンCが肌や身体のために重要な役割を果たしてくれているというのは周知の事実。

特に美肌効果という意味ではビタミンCほどマルチな働きをしてくれる成分はないのでサプリ、食事、化粧品などを利用して普段から意識して積極的に補給している人も多いはずです。

シミの元になるメラニンの生成を抑制したり、細胞をサビさせる活性酸素を除去してくれたり、コラーゲンを増やして お肌のハリと弾力をアップさせるサポートしてくれたり、若々しく透明感ある肌づくりやお疲れ気味の体の健康維持にビタミンCは必須の成分といえます。

そんな美と健康の強い味方、ビタミンCのパワーと、賢く摂取するコツを紹介するのが当サイトの役割。

せっかく摂取するのならカラダのなかでどんな役割を果たしているのかどのように摂取すると効率的なのかきちんと知っておいたほうがいいですよね。

美白にも老化防止にも欠かせないビタミンCは体内では合成できない成分なので外から補うことが必須ですが、 肌やカラダにきっちり効かせるためのビタミンCの摂り方を知っているか、というとたぶんほとんどの人が知らないと思います。

なので、当サイトを参考にぜひビタミンCの正しい知識と活かし方を学んでいってくださいね。

ビタミンCって飲むのと塗るのではどっちが効果あるの?

野菜や果物からもビタミンCは摂取できますし、化粧品にも有効成分としてビタミンC(誘導体含む)はよく配合されていることからもわかるように ビタミンCは飲んで摂取することもできますし、肌に直接塗布してもその効果を実感できるものです。

※ビタミンC美容液の実力派はコチラでチェック!>>美白美容液超入門

そのため飲むのと塗るのではどっちが効果あるの?といった疑問もでてくるわけですが、それは目的によっても変わってきます。たとえば美白ということであれば できてしまったシミに対してはビタミンCを飲んでも効果はありませんが、肌に塗ればメラニンを抑制したり、無色化する作用が期待できます。

しかし、経口摂取したビタミンCは体内で抗酸化力を発揮してくれるので紫外線やストレスによって発生した活性酸素を除去して肌を守ってくれます。 海などの紫外線が強い場所に行く前にビタミンCをたくさん摂取しておくとシミができにくくなるというデータもあるくらいですから。

つまり、ビタミンCを飲むとカラダの内側から紫外線対策ができるということがいえるんです。

美白を目的とするなら全身のシミ予防や美白対策としてはビタミンCを飲んだほうがいいですし、肌の特定部分を白くしたいとか守りたいというのであれば 化粧品からビタミンCを補ったほうが効果的ということができます。

いずれにせよ、美白したい人にとってはビタミンCは超必須成分になります。